交通事故の過失割合

交通事故の過失割合とは?

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。
当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。
その話合いの基準となるのは、過去の裁判例です。実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。
このサイトでは事故のタイプごとに、基本割合をご紹介します。

事故のパターン別過失割合

  • 歩行者と四輪車の事故

    歩行者と四輪車の事故

  • 四輪車同士の事故

    四輪車同士の事故

  • 四輪車と二輪車の事故

    四輪車と二輪車の事故

  • 四輪車と自転車の事故

    四輪車と自転車の事故

  • 高速道路での事故

    高速道路での事故

  • 歩行者と自転車の事故

    歩行者と自転車の事故

過失割合についてよくある質問

本サイトご利用にあたってのご注意

本サイトでご案内するのは基本過失割合です。実際の事故では個々の事故状況を確認のうえ、過失割合を協議し決定します。
そのため、本サイトでご案内する基本過失割合と異なる結果となることもあります。