自動車の税金についてのよくある質問

自動車保険(任意保険)で保険金を受取った場合、税金はかかるの?

ドライバーの多くは、強制加入である自賠責保険のほかに、自動車事故の損害を補償するため自動車保険(任意保険)に加入しています。

もし、任意保険の加入者や事故の被害者が交通事故で自動車保険金を受取った場合、税務上の扱いはどうなるのでしょうか。

ここがポイント

受取った保険金に対して税金はかからない

  • 受取った保険金は利益ではないので、所得税の対象とならない
  • 傷害保険の死亡保険金のみ例外

個人が収入を得た場合にかかる税金に所得税があります。所得税は年内に得た収入により、利益が発生した場合にかかります。

任意保険で受取った保険金は、個人の収入と考えられます。しかし、保険金は事故によって受けた損害を補償するものであり、受取った人に利益はありません。したがって、交通事故で受取った保険金に対して所得税はかかりません。

任意保険は一般に、事故により第三者に損害を与えてしまった場合に、保険会社から被害者に支払われる「賠償保険」、保険に加入している運転者などの損害を補償する「傷害保険」、事故により破損した車両の損害を補償する「車両保険」の3つに分かれます。

これらの保険金は、いずれも利益ではありませんので、所得税はかかりません。

所得税はかかりません

傷害保険の死亡保険金には税金がかかる

原則として税金がかからない任意保険の保険金ですが、傷害保険によって死亡保険金が支払われた場合には、相続税、贈与税、所得税のいずれかの対象になります。

保険料を被保険者(亡くなった方)が負担し、相続人が保険金を受取った場合は、相続税がかかります。

第三者が保険料を負担していた場合は、保険金を受取った人に贈与税がかかります。

保険料を負担していた人自身が保険金を受取った場合は、一時所得として所得税がかかります。

※記載の情報は2017年4月時点の内容です

自動車保険(任意保険)の保険料は年末調整の対象になる?