交通事故証明書の取り方

交通事故証明書はどんな書類?

交通事故証明書は、事故が起きたという事実を証明する書類です。
事故発生の日時、場所、当事者の氏名などが記載されています。
警察に届出を行ったあとに申請すると、各都道府県の交通安全運転センターが発行します。

自動車保険を使う場合に必要ですが、通常、保険会社の担当者が取付けを行います。そのため、ご自身で取付ける必要はありません。

なお、ご自身で取付ける場合には、安全運転センターに行かなくても、ゆうちょ銀行やウェブサイトで申請することができます。

交通事故証明書

  1. 事故発生の事実を証明するためのもので、事故日時、事故の場所と当事者などが記されています。

    甲・乙欄は、具体的な過失割合には関係ありません。

  2. 簡単な事故のパターンが記載されています。

    当事者の証言や事故状況の詳細、過失割合など、事故の過失割合を決めるための具体的な情報は記載されていません。

交通事故証明書の取り方

ここでは、代表的な方法として、ゆうちょ銀行で申請する方法をご案内します。
ほかにも、自動車安全運転センターや、インターネットで申込むことができます。どの方法でも必要になる情報や、交通事故証明書の交付手数料(540円)は同じです。

申請書類をもらう

近くの警察署へ行き、交通事故証明書申込用紙をもらいます。

申請書類の作成・提出

以下のとおり、必要事項を記載します。

申請書類

申請書類

ゆうちょ銀行で申請

申込用紙をお近くのゆうちょ銀行に持って行き、交付手数料(540円)と払込手数料を支払います。なお、ATMでもお手続きいただけます。
申請後、交通事故証明書がお手元に届くまでに10日ほどかかります。

本サイトでは、一般的な書類の記載方法や取得方法をご案内しております。
そのため、保険会社や担当の行政機関によっては本サイトでのご案内と異なることがあります。

自動車保険の書類ガイド