交差点での直進車同士の事故

信号機のある交差点の過失割合についてご説明します。

交差点に青信号で進入した四輪車と、赤信号で進入した自転車の事故

事故状況

交差点に青信号で進入した四輪車と、赤信号で進入した自転車の事故

信号のある交差点に、青信号で進入した四輪車と赤信号で進入した自転車が衝突した場合の過失割合です。

基本過失割合

交差点に青信号で進入した四輪車と、赤信号で進入した自転車の事故

信号機のある交差点では、当然信号に従わなければなりません。
そのため、赤信号で交差点に進入した自転車に大きな過失があります。
一方、四輪車には青信号であっても交差点を通行する際には、自転車が飛び出してくるかもしれないことを予測し、できる限り安全に運転する義務(道路交通法36条4項)あります。
そのため、A:80%、B:20%が基本過失割合です。

本サイトご利用にあたってのご注意

本サイトでご案内するのは基本過失割合です。実際の事故では個々の事故状況を確認のうえ、過失割合を協議し決定します。
そのため、本サイトでご案内する基本過失割合と異なる結果となることもあります。