大雨、ゲリラ豪雨による損害自動車保険の自然災害ガイド

1年のうち、特に梅雨の頃から夏にかけて、大雨やゲリラ豪雨(集中豪雨)に襲われることが増えます。

特にゲリラ豪雨では、短時間に非常に激しい雨が降るため、道路の冠水が起きやすく、お車が水没するといった損害が生じることがあります。

そのような場合、自動車保険で補償されるのでしょうか。

自動車保険の補償

大雨、ゲリラ豪雨によるお車の損害は、「一般型」「エコノミー型」どちらのタイプの車両保険でも補償されます。

お車の損害
車両保険
一般型
車両保険
エコノミー型
車両保険なし
補償されます 補償されます 補償されません

○:補償されます ×:補償されません

補償の対象となる例

大雨やゲリラ豪雨でお車に生じた以下のような損害は、自動車保険の補償の対象となります。

  • ガード下の冠水に突っ込んだ

    ガード下の冠水に
    突っ込んだ

  • 機械式駐車場ごと水没

    機械式駐車場ごと水没

  • 土砂災害に巻き込まれた

    土砂災害に
    巻き込まれた

保険を使った場合の等級は

保険を使った場合の等級は

大雨やゲリラ豪雨で車両保険だけを使った場合には、翌年は1等級ダウンし、事故あり係数適用期間が1年加算されます。

まずは保険会社へ相談を

大雨やゲリラ豪雨で損害が発生した場合には、まずご自身の保険会社へ連絡・相談してみましょう。連絡や相談をしただけでは、等級は下がりませんのでご安心ください。

なお、ソニー損保の事故のご連絡先はこちらです。

本サイトでは、ソニー損保の商品内容に基づき、一般的なご説明をしております。ご契約内容や損害状況によって、本サイトでのご案内と異なることがあります。

洪水による損害