駐停車車両への追突事故

駐停車車両への追突事故

事故状況

駐停車車両への追突事故

後方から走行してきた四輪車が、道路に駐停車している四輪車に追突した場合の過失割合です。

基本過失割合

駐停車車両への追突事故

後方からの追突車両Aに100%,、駐停車車両Bに0%が基本過失割合です。

ただし、道路交通法では駐停車について次のように定められています。

・坂の頂上付近、勾配の急な坂、トンネル、道路のまがりかどなどは駐停車してはならない(44条)
・車両が夜間、道路にあるときは前照灯、車幅灯、尾灯、その他灯火をつけなければならない(52条)
・車両は駐停車するときは道路の左端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない(47条、47条2項)

そのためBが、駐停車禁止場所に駐停車していたり、ハザードランプをつけていなかったり、道路の左端に寄せて駐停車していなかったりした場合には、それぞれについて10〜20%程度の過失が生じます。

本サイトご利用にあたってのご注意

本サイトでご案内するのは基本過失割合です。実際の事故では個々の事故状況を確認のうえ、過失割合を協議し決定します。
そのため、本サイトでご案内する基本過失割合と異なる結果となることもあります。