示談書の書き方

示談書はどんな書類?

示談書は、事故の事実と解決内容(示談内容)を記した書類です。
事故の両当事者がそれぞれ署名・捺印します。
双方に過失のある物損事故の場合に多く利用されます。保険を使う場合には、通常、保険会社の担当者から送られてきますので、ご自身で用意する必要はありません。
後日のトラブルを防ぐために、署名・捺印した示談書を当事者が一部ずつ保管します。

示談書の記載例

示談書の記載例

  1. 事故の事実を記載します。

    • 事故日時
    • 事故場所
    • 事故内容(追突、出会い頭に衝突など)
    • 所有者名、車のナンバー
  2. 示談内容と支払方法、支払金額を記載します。

    支払方法には、互いに自分の支払額を相手側に支払う方法と、支払額を相殺して支払う方法があります。

  3. 所有者と運転者が同じ方の場合には、記入する必要はありません。

示談書のひな形(テンプレート)をダウンロード

自転車での事故など、ご自身で示談される場合にご利用いただけます。
ダウンロードしてお使いください。

本サイトでは、一般的な書類の記載方法や取得方法をご案内しております。
そのため、保険会社や担当の行政機関によっては本サイトでのご案内と異なることがあります。

自動車保険の書類ガイド