安すぎて不安な場合のチェックポイント

「安すぎない? もしかして補償が足りてない?」
という不安にお答えします。

「正しく見積りできたか心配」という方のために、安すぎると感じた場合の主なチェックポイントをまとめました。

1. 契約距離区分をご確認ください

1. 契約距離区分をご確認ください

走行距離でリスク細分しているので、契約距離区分を短く設定すると、その分保険料が安くなります。

「契約距離区分が短い」分、補償が薄くなるということはありません。お客様の使用状況にあった契約距離区分をご選択ください。

2. 運転者範囲をご確認ください

2. 運転者範囲をご確認ください

運転者範囲でリスク細分しているので、狭く設定すると、その分保険料が安くなります。

「自分以外運転しない!」と、不用意に運転者の範囲を狭くするお客様がいます。ご家族の方に運転を代わってもらうなど、運転する可能性のある方は運転者範囲に含めることをおすすめします。

3. 車両保険をご確認ください

3. 車両保険をご確認ください

車両保険をつけていない場合は、保険料が安くなります。

車両保険を希望している場合は、正しく選択しているか念のため確認しましょう。

車両保険ガイドを詳しく見る

それでも不安というお客様はご相談ください

それでも不安というお客様はご相談ください

お気軽にお電話ください。
専門スタッフが現在の契約と比較しながら、ご要望にあったプランを作成します。

お問合せ

代理店型保険会社とソニー損保の違い

代理店型保険会社からの乗換ガイド