中古車を購入した場合の変更手続

納車日が決まったら変更手続を行いましょう。

納車日が決まったら変更手続を行いましょう。

中古車を購入した場合の変更手続の流れや注意点などをご紹介します。

  1. 現在のお車を手放す前に
  2. 新しいお車の情報を入手
  3. ご契約者ページで変更手続
  4. 10年以上前のお車の場合は要注意
  5. こんな場合はどうなるの?

1. 現在のお車を手放す前に

現在のお車の積算距離計の数値をメモしておきましょう。

現在のお車を手放す前に

契約車両の変更手続では、現在のお車の積算距離計の数値を申告していただきます。下取りに出される場合などは、手放す前に忘れずにメモしておきましょう。

2. 新しいお車の情報を入手

車検証・積算距離計の数値をご用意ください。

新しいお車の情報を入手

契約車両の変更手続では、新しいお車の情報も申告していただきます。新しいお車の車検証をご用意ください。お手元にない場合は、自動車販売店などから車検証のコピーをもらってください。

新しいお車の積算距離計の数値も申告していただきます。中古車の場合は積算距離計の数値が1台1台異なるため、購入時にメモしておくか、販売店に聞いて申告してください。

3. ご契約者ページで変更手続

ウェブサイト・電話どちらでもお手続きいただけます。

ご契約者ページで変更手続

ご契約者ページの「契約車両の変更」から手続きを開始してください。

車検証に記載の情報や積算距離計の数値、変更日を入力後、必要に応じて車両保険や運転者条件などの補償内容の見直しを行ってください。

車両保険ガイド

変更内容を確認後、差額保険料の支払手続または返金手続を行ってください。

変更手続が完了したら、設定した変更日から新しいお車の補償を開始します。後日、「変更手続完了のお知らせ(兼承認書)」を郵送しますので、再度、内容確認を行ってください。

4. 10年以上前のお車の場合は要注意

車両保険をつけられない場合があります。

10年以上前のお車の場合は要注意

中古車を購入の場合、「車両保険はどうしようか?」と悩まれるお客様が多いのではないでしょうか?
つけるかどうかの判断でお悩みの方に、よくあるケースをご紹介しています。

中古車を購入の場合、
車両保険は必要なの?

しかし、10年以上前の車の場合は車両保険をつけられない場合があります。購入前に確認したい場合は、お電話にてご相談ください。

5. こんな場合はどうなるの?

ウェブサイトで手続きしたい

電話で相談しながら手続きしたい

車を譲受けて入替える場合の変更手続