竜巻や突風による損害自動車保険の自然災害ガイド

竜巻や突風が起きると、お車自体が飛ばされたり、飛んできたものがお車にぶつかったりして、お車に損害が発生します。

そのような場合に、自動車保険で補償されるのでしょうか。

自動車保険の補償

竜巻や突風によるお車の損害は、「一般型」「エコノミー型」どちらのタイプの車両保険でも補償されます。また、突風によりお車のドアが急に大きく開き、隣の車にぶつかった場合などの、相手方への賠償も自動車保険で支払われます。

お車の損害 相手方への賠償
車両保険
一般型
車両保険
エコノミー型
車両保険なし
補償されます 補償されます 補償されません 補償されます

○:補償されます ×:補償されません
※条件を満たした場合のみ補償されます

補償の対象となる例

竜巻や突風により生じた以下のような損害は、自動車保険の補償の対象となります。

  • 竜巻・突風で車が飛ばされた

    竜巻・突風で
    お車が飛ばされた

  • 飛んできた屋根瓦が車に当たった

    飛んできた屋根瓦がお車に当たった

  • 突風でドアが大きくひらき隣の車を傷つけた

    突風でドアが大きくひらき隣の車を傷つけた

保険を使った場合の等級は

保険を使った場合の等級は

竜巻や突風で車両保険だけを使った場合には、翌年は1等級ダウンし、事故あり係数適用期間が1年加算されます。

保険を使った場合の等級は

一方、相手方への賠償で保険を使った場合には、翌年は3等級ダウンし、事故あり係数適用期間が3年加算されます。

まずは保険会社へ相談を

竜巻や突風で損害が発生した場合には、まずご自身の保険会社へ連絡・相談してみましょう。連絡や相談をしただけでは、等級は下がりませんのでご安心ください。

なお、ソニー損保の事故のご連絡先はこちらです。

本サイトでは、ソニー損保の商品内容に基づき、一般的なご説明をしております。ご契約内容や損害状況によって、本サイトでのご案内と異なることがあります。

雹(ひょう)、霰(あられ)による損害