対物超過修理費用

基本の補償

ここがポイント

  • 相手車の修理費が時価額を超える場合に、その差額を補償します。
  • ソニー損保の対物賠償には対物超過修理費用がついています。
  • 時価額の低い車にぶつかってしまった場合に役立ちます。

対物超過修理費用とは

相手車の年式が古い場合、修理費が時価額を超えることがあります。相手車の時価を超える修理費については法律上の損害賠償責任がないため、対物賠償では補償できません。相手方が修理を希望した場合、対物超過修理費用で修理費と時価額の差額にお客様の過失割合を乗じた額(相手車1台あたり50万円を限度)をお支払いします。

マンガでわかる対物超過修理費用

こんな場合に補償

相手車を事故で破損させてしまい、修理費が時価額を超えてしまった

ソニー損保なら

ソニー損保なら

スムーズな事故解決のために、ソニー損保の対物賠償には対物超過修理費用がついています。

時価額の低い車にぶつかってしまった場合に役立ちます

最近では年式の古い車が多くなり、修理費がその車の時価額を上回ることも少なくありません。
相手車を壊してしまい、その車の修理費が時価額を上回っている場合、対物賠償では時価額までしか補償できません。これは法律上の考え方なのでどの保険会社でも同じ取扱いです。

相手車に追突し全損になったら

こんな場合はどうなるの?

事故日から1年後に相手が修理を行った

事故日から1年後に相手が修理を行った

対物超過修理費用は、相手車が事故日の翌日から起算して、6ヵ月以内に修理を行った場合に補償します。

相手方への補償(トップへ戻る)

関連リンク

補償内容

お問合せ

はじめて自動車保険を契約する方

0120-919-142(無料)

他社で自動車保険を契約中の方
以前、自動車保険を契約していた方

0120-919-928(無料)

電話受付 9:00〜22:00
(土・日・休日も22:00まで受付)

お問合せフォーム