5分でわかる自動車保険ガイド

事故にあったらどうすればいい?

万一事故にあった場合、どうすればいいでしょうか。事故が起きたときにやるべきことをわかりやすくまとめました。

ケガ人がいる場合は、 何よりもまず救護を行いましょう

ケガ人がいる場合は、  何よりもまず救護を行いましょう

何よりもまず、人命が第一です。ケガ人がいる場合には救急車を呼ぶとともに、必要に応じて応急救護を行います。

警察へ連絡しましょう

警察へ連絡しましょう

些細な事故であっても、必ず警察への届け出をしましょう。事故証明書がないと、保険金をお支払いできない場合があります。

相手方の確認をしましょう

相手方の確認をしましょう

氏名、住所、電話番号、生年月日、ナンバープレートなどを確認しましょう。相手方の保険会社(自賠責保険・自動車保険)がわかる場合には、証券番号や連絡先も確認しましょう。

保険会社へ事故連絡しましょう

保険会社へ事故連絡しましょう

後から高額の治療費などを請求されるケースもありますので、どのような事故でもまずは保険会社に相談しましょう。また、その場では絶対に口約束などをしないようにしましょう。

いざという時、どうしていいか分からなくなってしまわないか、心配ですよね。ソニー損保では、事故時の対応をわかりやすくナビゲートしてくれるスマートフォン向けアプリ「トラブルナビ」をご用意しています。どなたでも無料でお使いいただけるアプリです。
(iPhone版/Android版)

ぜひこの機会にダウンロードしてみてはいかがですか?

ここがポイント

  • まずは人命救助。そして小さな事故でも
    警察と保険会社への連絡は忘れないようにしましょう。

ロードサービスって何?

自動車保険ガイド