休業損害証明書の書き方

休業損害証明書はどんな書類?

休業損害証明書は、給与所得者が交通事故により仕事を休んだことによる損害を証明するための書類です。仕事を休んだ場合に必要です。

通常、保険会社の担当者から送られてきますので、ご自身で書面を用意する必要はありません。また、ご自身で作成する必要もありません。保険会社の担当者から送られてきたら、勤務先に作成を依頼してください。

休業損害証明書の記載例

ここでは給与所得者の休業損害証明書の記載方法をご説明します。
休業損害証明書はご自身が作成するものではありません。勤務先に作成を依頼してください。

休業損害証明書の記載例

  1. 前年分の源泉徴収票を添付してください。
    源泉徴収票がない場合には、事故発生前3ヵ月分の賃金台帳の写しを添付してください。

  2. 休んだ日に○、所定の休日に×、遅刻した日には△と時間、早退した日には▽と時間を記入してください。

  3. 該当するものに○をつけてください。

  4. パート・アルバイトの場合は所定労働時間・時間給などを記入してください。

  5. 作成年月日を含め必ずご記入ください。

  6. 社印を押してください。

休業損害証明書のひな形(テンプレート)をダウンロード

休業損害証明書が追加で必要な場合や、なくした場合にご利用いただけます。
ダウンロードしてお使いください。

本サイトでは、一般的な書類の記載方法や取得方法をご案内しております。
そのため、保険会社や担当の行政機関によっては本サイトでのご案内と異なることがあります。

自動車保険の書類ガイド