雪道の運転マニュアル運転時の注意点

雪道での運転ではどのようなことに気をつけたらいいのか、運転時に気をつけておくべきことをまとめました。

雪道は危険なことがいっぱい

  • ホワイトアウト

    大雪と、強風により舞上げられた雪により視界が一面真っ白になった状態のことです。この状態になると視界が極端に悪くなります。

    画像:ホワイトアウト

    対策
    視界が悪化し、運転が難しいと判断した場合は、フォグランプ・リアフォグランプなどを点灯させ、車を目立つ状態にしましょう。走行軌跡をたよりに、ゆっくり走行してください。コンビニエンスストア・道の駅などの安全な場所に停車しましょう。

  • アイスバーン

    車の熱で雪が溶けて再び凍り、路面が滑りやすくなった状態をアイスバーンといいます。発進・停止の多い交差点や、カーブ・日の当たりにくい場所で発生しやすいです。

    画像:アイスバーン

    対策
    車間距離を十分に保ち、スピードを出しすぎないようにしましょう。ブレーキをかける際も、優しくかけることで、滑りにくくなります。

  • ご存じですか?
    ブラックアイスバーン

    雪が溶けて再び凍り、路面に薄い氷の膜ができている状態です。
    一見すると、路面が濡れているように見えるため、ついついスピードを出してしまい思わぬ事故につながることがあります。

  • シャーベット状の道路

    雪が溶けかかり、シャーベット状になった路面はハイドロプレーニング現象が起こりやすいため危険です。

    画像:シャーベット状の道路

    対策
    スピードを出さないように気をつけましょう。

  • 新雪が積もった道路

    雪が積もったばかりの道路は、道路と歩道・側溝などの境界がわかりにくくなっています。

    画像:新雪が積もった道路

    対策
    左寄りに走行してしまうと、側溝にはまってしまうことがあります。中央寄りで走行しましょう。

  • わだちの型がついた道路

    車が何台か走行した後の道路には、前の車が走行した跡がわだちとして残っています。わだちがあることによって、路面に段差が生じ、運転が安定しないことがあります。

    画像:わだちの型がついた道路

    対策
    わだちがある場合は、わだちに沿って走行すると運転しやすくなります。ただし、あまり深いわだちへ入ってしまうと車がはまってしまい、スタックの原因となります。
    また、ハンドルをしっかり握っていると、キックバックで指にケガをする可能性があります。遊びを持たせてハンドルを握ることをオススメします。

雪道での運転で気をつけるポイント

  • 靴についた雪をしっかり落としてから運転を開始しましょう。

    靴底に雪がついたまま運転してしまうと、アクセル等のペダルを踏み外す可能性があるため危険です。雪をしっかり落としてから運転しましょう。

  • 運転のはじめに、アクセルやブレーキの具合をチェックしましょう。

    雪道は普段の道路と運転時の感覚が異なります。運転し始めの車や人が少ない場所でアクセルやブレーキの具合を確認しておき、無理のない運転を心がけましょう。

  • 車間距離を広めにとりましょう。

    雪道は路面が滑りやすくなっているため、制動距離(ブレーキがきき始めてから、停止するまでの距離)が長くなる傾向にあります。
    車間距離を広めにとりましょう。

  • 坂道の運転に気をつけましょう。

    坂道では特に滑りやすくなります。
    上り坂では平坦なところから助走をつけ、アクセルの踏み込みを一定にして上りましょう。
    下り坂では低めのギアで、エンジンブレーキを使い、減速しながら下りましょう。
    上り坂で停車してしまうと、再発進しづらくなってしまいます。可能な限り、停車は避けましょう。

  • 「急」のつく運転は避けましょう。

    路面でスリップしないために「急発進・急加速・急ハンドル・急ブレーキ」など、急のつくアクションは避けましょう。

    アイコン:夜間夜間運転の際は、特に注意!

    夜間の運転は、昼間に比べ視界も悪くなり、冷え込みによって路面もアイスバーン状態になりやすいです。

駐車するときの注意点

  • エンジンを切りましょう。

    エンジンをかけたままだと、雪でマフラーがふさがれて、排気ガスが車内に侵入する可能性があります。
    仮眠をとるときなどは、一酸化炭素中毒になるリスクもあるため、必ずエンジンを切りましょう。

  • ワイパーを立てておきましょう。

    寝かせたままだと、ワイパーが曲がってしまったり、凍りついて起き上がらない可能性があります。

  • 風通しの良い場所には駐車しないようにしましょう。

    エンジンルームの位置が風上に向いていると、雪が入り込んで凍結してしまい、エンジンがかからなくなってしまう可能性があります。

雪道走行の後は

雪道には凍結防止剤(融雪剤)がまかれている場合があります。
ドライブで、これらの薬剤が付着することによって車が錆つく原因となります。
雪道の運転後は、お車を洗車しましょう。

雪道の運転マニュアル

  • 運転前に!
    出発前の準備

    イラスト:出発前の準備
    • 準備しておいた方がいい物は?
    • 出発前は何を確認すればいいの?
    • 車についた雪はどうすればいいの?
    詳細はこちら
  • もしものときは!
    スタックしてしまったときの対処法

    イラスト:スタックしてしまったときの対処法
    • スタック時の対処法は?
    • 吹雪の中で長時間、車内で過ごさなければならない場合はどうすればいいの?
    詳細はこちら