自動車取得税の廃止と、「環境性能割」の導入とは?

自動車取得税は廃止となり、新たに「環境性能割」が導入された

  • 消費税が10%になり、自動車取得税は廃止された
  • 自動車取得税の代わりに、燃費の善し悪しで税率が変わる「環境性能割」が導入された
  • 2019年10月1日〜2020年9月30日までの1年間は、環境性能割の税率が1%軽減される

2019年10月1日から自動車取得税は廃止された

消費税は購入時にかかりますが、二重課税の観点から、自動車取得税との関係が疑問視されていました。そのため、消費税8%への増税に伴い、自動車取得税は減税されました。そして、2019年10月の消費税10%への増税時に、自動車取得税は廃止となりました。

自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

消費税10%増税時に、自動車取得税は廃止されましたが、一方で環境性能割が導入されました。環境性能割は、燃費性能の善し悪しで税率が変わる新しい制度です。購入年の自動車税および軽自動車税に上乗せするというもので、その上乗せ率は燃費基準の達成度によって非課税〜3%の間で変化します。

環境性能割の税率

環境性能割の税率
自家用乗用車 3% 3% 2% 1% 非課税
軽自動車 2% 2% 1% 非課税 非課税

ただし、2019年10月1日から2020年9月30日までの間に取得した自家用乗用車、自家用軽自動車については、臨時的に税率が1%分軽減されます。

2019年10月1日〜2020年9月30日に新たに車を購入した場合

環境性能割の税率
自家用乗用車 2% 2% 1% 非課税 非課税
軽自動車 1% 1% 非課税 非課税 非課税

ここがポイント

  • 自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入された
  • 購入年の自動車税および軽自動車税が最大3%上乗せとなる
  • 2020年9月30日までは、環境性能割の税率が1%軽減される

※記載の情報は2020年4月時点の内容です

自動車の重さで決まる「自動車重量税」とは?