SUREの保障内容

医療保険SUREの保障内容をご紹介します。
各保障の詳細は、保障内容の概要でご確認ください。

SURE入院日額 5,000円の場合 SURE入院日額 10,000円の場合

[病気・ケガで入院したとき 日帰り入院から保障 |基本プラン 1日につき 5,000円 60日限度 通算1,095日| がん2倍プラン 1日につき 5,000円 60日限度 通算1,095日] [病気・ケガで入院中に手術したとき | 基本プラン 1回の手術につき 5万円 | がん2倍プラン 1回の手術につき 5万円] →がんの場合なら [がんで入院したとき | がんも同額 1日につき 5,000円 支払日数 無制限| がんなら日額アップ 1日につき 10,000円 支払日数 無制限 ] [ がんで手術したとき | がんなら保険金アップ 1回の手術につき  10万円 | がんなら保険金アップ 1回の手術につき 20万円 ] [ がんで放射線治療したとき | 1回の施術につき 10万円 60日間に1回程度 | 1回の施術につき 20万円 60日間に1回程度 ]  +オプションも選べます [ 先進医療による療養を受けたとき | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで ] [がんと診断されたとき | 悪性新生物 50万円 上皮内新生物 10万円 | 悪性新生物 100万円 上皮内新生物 20万円 ] [ がんで通院したとき | 1日につき 5,000円 退院後365日以内の通院60日限度 | 1日につき 10,000円 退院後365日以内の通院60日限度][病気・ケガで入院したとき 日帰り入院から保障 |基本プラン 1日につき 5,000円 60日限度 通算1,095日| がん2倍プラン 1日につき 5,000円 60日限度 通算1,095日] [病気・ケガで入院中に手術したとき | 基本プラン 1回の手術につき 5万円 | がん2倍プラン 1回の手術につき 5万円] →がんの場合なら [がんで入院したとき | がんも同額 1日につき 5,000円 支払日数 無制限| がんなら日額アップ 1日につき 10,000円 支払日数 無制限 ] [ がんで手術したとき | がんなら保険金アップ 1回の手術につき  10万円 | がんなら保険金アップ 1回の手術につき 20万円 ] [ がんで放射線治療したとき | 1回の施術につき 10万円 60日間に1回程度 | 1回の施術につき 20万円 60日間に1回程度 ]  +オプションも選べます [ 先進医療による療養を受けたとき | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで ] [がんと診断されたとき | 悪性新生物 50万円 上皮内新生物 10万円 | 悪性新生物 100万円 上皮内新生物 20万円 ] [ がんで通院したとき | 1日につき 5,000円 退院後365日以内の通院60日限度 | 1日につき 10,000円 退院後365日以内の通院60日限度]

[病気・ケガで入院したとき 日帰り入院から保障 |基本プラン 1日につき 10,000円 60日限度 通算1,095日| がん2倍プラン 1日につき 10,000円 60日限度 通算1,095日] [病気・ケガで入院中に手術したとき | 基本プラン 1回の手術につき 5万円 | がん2倍プラン 1回の手術につき 5万円] →がんの場合なら [がんで入院したとき | がんも同額 1日につき 10,000円 支払日数 無制限| がんなら日額アップ 1日につき 20,000円 支払日数 無制限 ] [ がんで手術したとき | がんなら保険金アップ 1回の手術につき  10万円 | がんなら保険金アップ 1回の手術につき 20万円 ] [ がんで放射線治療したとき | 1回の施術につき 10万円 60日間に1回程度 | 1回の施術につき 20万円 60日間に1回程度 ]  +オプションも選べます [ 先進医療による療養を受けたとき | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで ] [がんと診断されたとき | 悪性新生物 50万円 上皮内新生物 10万円 | 悪性新生物 100万円 上皮内新生物 20万円 ] [ がんで通院したとき | 1日につき 5,000円 退院後365日以内の通院60日限度 | 1日につき 10,000円 退院後365日以内の通院60日限度][病気・ケガで入院したとき 日帰り入院から保障 |基本プラン 1日につき 10,000円 60日限度 通算1,095日| がん2倍プラン 1日につき 10,000円 60日限度 通算1,095日] [病気・ケガで入院中に手術したとき | 基本プラン 1回の手術につき 5万円 | がん2倍プラン 1回の手術につき 5万円] →がんの場合なら [がんで入院したとき | がんも同額 1日につき 10,000円 支払日数 無制限| がんなら日額アップ 1日につき 20,000円 支払日数 無制限 ] [ がんで手術したとき | がんなら保険金アップ 1回の手術につき  10万円 | がんなら保険金アップ 1回の手術につき 20万円 ] [ がんで放射線治療したとき | 1回の施術につき 10万円 60日間に1回程度 | 1回の施術につき 20万円 60日間に1回程度 ]  +オプションも選べます [ 先進医療による療養を受けたとき | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで | 先進医療の技術料と同額を保険期間を通じ2,000万円まで ] [がんと診断されたとき | 悪性新生物 50万円 上皮内新生物 10万円 | 悪性新生物 100万円 上皮内新生物 20万円 ] [ がんで通院したとき | 1日につき 5,000円 退院後365日以内の通院60日限度 | 1日につき 10,000円 退院後365日以内の通院60日限度]

[骨髄ドナーサポート | 骨髄提供の為の骨髄肝細胞採取手術とそれに伴う入院を保障 | 骨髄提供の為の骨髄肝細胞採取手術とそれに伴う入院を保障] [保険期間 | 終身 | 終身] [保険料払込期間 | 保険期間と同一(終身) | 保険期間と同一(終身)] [保険料払込方法 | 月払保険料は一生涯固定 または 月払60歳※からは保険料半額 | 月払保険料は一生涯固定 または 月払60歳※からは保険料半額] [骨髄ドナーサポート | 骨髄提供の為の骨髄肝細胞採取手術とそれに伴う入院を保障 | 骨髄提供の為の骨髄肝細胞採取手術とそれに伴う入院を保障] [保険期間 | 終身 | 終身] [保険料払込期間 | 保険期間と同一(終身) | 保険期間と同一(終身)] [保険料払込方法 | 月払保険料は一生涯固定 または 月払60歳※からは保険料半額 | 月払保険料は一生涯固定 または 月払60歳※からは保険料半額]

※被保険者(保障を受けられる方)の「満60歳の保険始期日応当日」の属する月に払込期日の到来する月払保険料より、保険料が半額となります。

保障内容の概要

保障内容や保険金をお支払いできない主な場合などについては、重要事項説明書等を必ずご確認ください。

【ご注意】
必ずご確認ください
  • ガン重点型の医療保険SURE<シュア>は、「傷害および疾病による入院・手術保障特約付がん保険」に各種特約をセットすることにより、一生涯にわたって病気・ケガによる入院や手術を保障する商品の総称です。
  • この保険は、契約者と被保険者(保障を受けられる方)が同一の場合に限り 、インターネットでお申込みいただけます。
  • インターネットでお申込みいただく場合の契約可能年齢は、保険始期日時点で満20歳以上満70歳以下です。(60歳からは保険料半額を選択する場合は、満20歳以上満57歳以下です。)
    ※申込書でお申込みいただく場合は、満6歳以上満70歳以下です。(60歳からは保険料半額を選択する場合は、満6歳以上満57歳以下です。)
  • この保険には、がん以外の病気・ケガに対する通院保障はありません。
  • 今までにがん(悪性新生物や上皮内新生物)にかかったことのある方、または現在かかっている方はお引受けできません。
  • 健康状態や職業、他の同種の保険契約の加入状況によってはお引受けを制限させていただく場合やお引受けできない場合があります。
  • がんに対する保障(入院・手術・がん放射線治療、および、がん診断・がん通院・がんを直接の原因とする先進医療による療養に対する保障(選択された場合))は、保険始期日よりその日を含めて91日目から開始します。(保険始期日よりその日を含めて90日以内に悪性新生物と診断確定された場合には保険契約は無効となります。)
  • この保険には、解約返れい金・満期返れい金・契約者配当金はありません。
  • この保険は、国内居住者向けの商品です。海外に居住予定のある方はお申込みいただけません。
  • 商品の詳細については重要事項説明書等を必ずご確認ください。
入院
(日帰り入院から保障)(普通保険約款および傷害および疾病による入院 ・ 手術保障特約)
  • 入院保険金(疾病入院保険金・傷害入院保険金)
    保険始期日以降に発病したがん以外の病気、または保険始期日以降に発生した事故によるケガの治療を直接の目的とする入院をされた場合、入院日数に応じ、ご契約された入院保険金日額(5,000円または10,000円)を入院1日目からお支払いします。
    1回の入院については、60日が支払限度日数となります。なお、がん以外の病気・ケガそれぞれ保険期間を通じ1,095日までお支払いします。
    次の事由による入院・手術など対象とならない場合があります。
  • 無免許運転、飲酒運転、精神障害を原因とする事故、先天性異常、妊娠・正常分娩、人間ドック・美容整形・レーシックなどの病気の治療を目的としないもの など
  • がん入院保険金
    保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師により診断確定されたがんの治療を直接の目的とする入院をされた場合、入院日数に応じ、ご契約されたがん入院保険金日額(基本プランは入院保険金日額と同額、がん2倍プランは入院保険金日額の2倍)を、入院1日目から日数無制限でお支払いします。
手術(普通保険約款および傷害および疾病による入院・手術保障特約)
  • 手術保険金
    保険始期日以降に発病したがん以外の病気、または保険始期日以降に発生した事故によるケガの治療を直接の目的とする、公的医療保険制度における医科診療報酬点数表により手術料の算定される手術を受けた場合に、1回の手術につき基本プラン、がん2倍プランともに5万円をお支払いします。
  • ただし入院中の手術に限ります。
  • がん手術保険金
    保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師によりがんと診断確定され、そのがんの治療を直接の目的とする、公的医療保険制度における医科診療報酬点数表により手術料の算定される手術または輸血料の算定される骨髄移植術を受けた場合に、1回の手術につき基本プランは10万円を、がん2倍プランは20万円をお支払いします。

【手術保険金・がん手術保険金に共通でご注意いただきたいこと】

  • 傷の処置、魚の目やタコ手術後縫合など、一部お支払いの対象とならない場合があります。
  • 医科診療報酬点数表により手術料の算定される手術のうち、手術料が1日につき算定される手術については、1日目に受けた手術のみ保険金をお支払いします。また、一連の治療過程に連続して手術を受けられた場合に手術料が1回のみ算定される手術については、いずれか1つの手術のみ保険金をお支払いします。
  • 公的医療保険制度の変更が将来行なわれた場合には、当社は主務官庁の認可を得て、将来に向って保険金をお支払いする場合を変更することがあります。
がん放射線治療 (普通保険約款)
  • がん放射線治療保険金
    保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師によりがんと診断確定され、そのがんの治療を直接の目的とする、公的医療保険制度における医科診療報酬点数表により放射線治療料の算定される施術(血液照射は除きます)を受けられた場合に、施術の開始日からその日を含めて60日の間に1回のお支払いを限度として、1回の施術につき基本プランは10万円を、がん2倍プランは20万円をお支払いします。
  • 公的医療保険制度の変更が将来行なわれた場合には、当社は主務官庁の認可を得て、将来に向って保険金をお支払いする場合を変更することがあります。
がん診断 (がん診断保険金保障特約)
  • がん診断保険金
    保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師によりがんと診断確定された場合、悪性新生物については基本プランは50万円を、がん2倍プランは100万円を、上皮内新生物については基本プランは10万円を、がん2倍プランは20万円をお支払いします。悪性新生物の場合は、診断確定された日から2年経過した日の翌日以降に、再度悪性新生物と診断確定された(※)ときもお支払いします。なお、上皮内新生物に対するお支払いは保険期間を通じ1回のみとなります。
  • がん診断保険金をお支払いした悪性新生物の転移・再発の場合には、既に診断確定された悪性新生物を治療したことによりその悪性新生物が認められない状態となり、再度悪性新生物と診断確定されることを要します。
がん通院 (がん通院保険金保障特約)
  • がん通院保険金
    保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師によりがんと診断確定され、がん入院保険金をお支払いする入院をした場合で、退院後にそのがんの治療を直接の目的として通院をしたときは、通院期間あたり60日を支払限度日数として、通院1日につき基本プランは5,000円を、がん2倍プランは10,000円をお支払いします。(保険期間を通じた支払限度日数はありません。(無制限))
  • 「通院期間」とは、がん入院保険金が支払われる入院をし、その退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間をいいます。
  • 「通院」とは、医師による治療が必要であり、病院または診療所(患者を収容する施設を有しない診療所を含みます)において、外来による診察、投薬、処置、手術、その他の治療を受けることをいい、往診を含みます。
  • 治療処置を伴わない人間ドック検査または治療処置を伴わない薬剤・治療材料の購入もしくは受取のみの通院をした場合はお支払いの対象となりません。
先進医療 (先進医療費保障特約)
  • 先進医療保険金
    以下のいずれかを直接の原因とする先進医療による療養を受けられた場合に、先進医療の技術料と同額をお支払いします。ただし、保険期間を通じ2,000万円を限度とします。
  • 保険始期日からその日を含めて91日目以降に医師により診断確定されたがん
  • 保険始期日以降に発病したがん以外の病気、または保険始期日以降に発生した事故によるケガ
  • 「先進医療」とは、公的医療保険制度に基づく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているもの、かつ、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。そのため、保険期間中に対象となる先進医療は変動します。
  • 歯(牙)、歯肉、歯槽骨の悪性新生物以外の疾患またはこれらのケガに関するもの、および歯(牙)欠損を直接の原因とする先進医療による療養(インプラントを含みます)は、お支払いの対象となりません。
  • 当社の商品において、被保険者(保障を受けられる方)を同一として先進医療に重複して加入いただくことはできません。
  • 公的医療保険制度の変更が将来行なわれた場合には、当社は主務官庁の認可を得て、将来に向って保険金をお支払いする場合を変更することがあります。
骨髄ドナーサポート (骨髄幹細胞採取手術保障特約)

(1)手術保険金

骨髄提供のための骨髄幹細胞採取手術を受けられた場合、手術保険金10万円をお支払いします。

  • 保険始期日からその日を含めて1年経過以降に受けられた場合に、保険期間を通じて1回のみ保障します。

(2)疾病入院保険金(骨髄幹細胞採取手術を伴う入院について)

骨髄幹細胞採取手術を直接の目的とする入院をされた場合、入院日数に応じ、がん以外の病気・ケガの入院保険金日額としてご契約されている入院保険金日額を入院1日目からお支払いします。
1回の入院については、60日が支払限度日数になります。

  • (1)の手術保険金が支払われる場合に限り保障します。