地震保険とは

地震保険は、地震や噴火、それらによる津波を原因とする
火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する保険です。
「地震保険に関する法律」に基づき運営されています。

火災保険とは別の保険

地震保険は、民間の保険会社と政府が共同で運営している保険で、火災保険とセットでの契約が必要です。

火災保険では、一部の費用保険金を除き、地震や津波などによって生じた損害を補償することはできません。地震のリスクにも備えたい方は、加入を検討しましょう。

地震保険の特徴は?

  1. 居住用建物またはその建物に収容されている家財が対象です。(専用店舗・事務所などの建物や什器などは対象となりません)
  2. 地震保険の保険金額は、最大で火災保険の保険金額の50%です。
  3. 「地震保険に関する法律」に基づいて、政府と民間の損害保険会社が共同で運営している制度です。
    (火災保険と異なり、保険会社によって補償内容や保険料に違いはありません)
  4. 保険金の使途は限定されておらず、建物の建て直しや被災後の生活費、住宅ローンの返済などに使えます。

住宅の性能によって割引

地震保険では、建物の免震・耐震性能によって保険料が割引かれます。なお、割引は重複して適用できません。

割引の種類 割引の条件 保険料の割引率
免震建築物割引 対象建物が「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「免震建築物」である場合 50%
耐震等級割引 対象建物が「住宅の品質確保の促進等に関する法律」または国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) の評価指針」に基づく耐震等級を有している場合 耐震等級3 50%
耐震等級2 30%
耐震等級1 10%
耐震診断割引 対象建物が地方公共団体等による耐震診断または耐震改修の結果、改正建築基準法(昭和56年6月1日施行)における耐震基準を満たす場合 10%
建築年割引 対象建物が、昭和56年6月1日以降に新築された建物である場合

地震保険の割引を確認するにはどの書類を確認すればいいですか

火災保険金額の50%が上限

地震保険では、火災保険の保険金額の最大50%が補償されます。そのため、大きな損害を受けた場合、損害額を100%補償することはできません。

ソニー損保の新ネット火災保険では地震などで損害を受けた際に上乗せで保険金をお支払いする「地震上乗せ特約(全半損時のみ)」を別途用意しており、地震に手厚く備えることが可能です。

地震上乗せ特約(全半損時のみ)

このページのTOPへ
見積り/申込み 資料ダウンロード
お電話でご相談お電話でのご相談
無料 0120-957-930

9:00〜18:00(年末年始を除く)