申込みに使用する書類一覧

火災保険の申込みにあたり、建物情報が正確に記載されている書類をご用意いただきます。

このサイトでは、お客様がご自宅で保管されている書類の中から、申込みに利用可能なものを見つけるヒントをご紹介します。

もくじ

建物情報を証明する書類必須

一戸建ての場合

所在地建物構造床面積新築年月の4つの建物情報を証明するために使用します。

  1. 登記簿謄本・登記事項証明書
    一戸建ての方

    建物の概要や所有権などの登記事項が掲載されている書類です。入居後に受取ることが多いです。

  2. 確認通知書・確認済証
    一戸建ての方

    建物の建築計画が、関連法令などに適合すると確認されたときに発行される書類です。通常、建物が引渡されるまでは、施工業者・ハウスメーカーが保管しています。

マンションの場合

所在地建物構造専有部分の床面積新築年月の4つの建物情報を証明するために使用します。

  1. 登記簿謄本・登記事項証明書
    マンションの方

    建物の概要や所有権などの登記事項が掲載されている書類です。入居後に受取ることが多いです。

  2. マンション等の重要事項説明書
    マンションの方

    マンションの売買契約時、宅建士等から重要事項の説明を受ける際に使用される書類です。

耐火性能を証明する書類(該当する場合のみ)

耐火性能を証明する書類があれば、性能に応じて安い保険料で契約できる可能性があります。

  1. 建築確認申請書

    建築物が建築基準法・条例等に適合しているか確認を受けるための書類です。通常、建物が引渡されるまでは、施工業者・ハウスメーカーが保管しています。

    書類を探すときのヒント

    ※この書類では省令準耐火を証明することはできません。

  2. 設計仕様書・設計図面・パンフレットなど

    施工業者・ハウスメーカーまたは販売者が発行した書面に限ります。
    耐火性能に関する記載があれば、証明に使用できる可能性があります。

  3. 建築構造(耐火基準)証明書 おすすめ
    引渡し前の新築の方 書類がない方

    施工業者・ハウスメーカーに、ソニー損保の所定の用紙を記入いただくことで、耐火性能を証明することができます。

※上記の他に、独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)特約火災保険の証券・ご契約者カード・領収証でも、「省令準耐火建物かどうか」を確認することができます。

地震保険割引の適用対象を証明する書類(該当する場合のみ)

免震・耐震性能を証明する書類がいずれかあれば、地震保険割引を適用できる可能性があります。

  1. 住宅性能評価書
    住宅性能評価を取得した建物の方

    建物の構造等に対する評価結果が記載された書類です。通常、建物が引渡されるまでは、施工業者・ハウスメーカーが保管しています。

  2. フラット35Sに関する適合証明書
    住宅ローンをフラット35Sで組んだ方

    住宅ローン商品「フラット35S」の利用者を対象に作成される、融資基準に合致することを証明した書類です。

  3. 長期優良住宅の技術的審査適合証
    長期優良住宅の方

    住宅が税制面で優遇を受けられる「長期優良住宅」であることを検査機関が証明した書類です。

  4. 他社の保険証券等
    他社で地震保険に加入している方

    他社の火災保険で地震保険をつけている場合、現在ご加入の保険証券や満期案内書等を、免震・耐震性能を確認する書類としてご利用いただけます。