地震保険

地震や噴火、これらによる津波による損害は、一部の費用保険金を除き、火災保険では補償されません。そのため、地震による火災や建物の倒壊などに備えるためには、地震保険に加入する必要があります。

地震保険の特徴

地震や噴火、これらによる津波によって発生した火災・損壊・埋没・流失により建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。「地震保険に関する法律」に基づき運営されています。

地震保険の保険金額は、火災保険で設定した保険金額の30〜50%(建物:5,000万円、家財:1,000万円が上限)と定められています。また、どの保険会社でも補償内容や保険料は同じです。

火災保険の保険金額に対し、地震保険保険金額が30〜50%

建物の補償例

地震により建物が倒壊した

津波で家が流失した

家財の補償例

地震で複数の家具が破損した

津波で家財が流失した

こんな場合も補償

地震による火災で家や家具が燃えた

地震による火災で家や家具が燃えた

地震や噴火、津波による損害には、それらによって起きた火災による損害も含まれ、地震保険が補償します。(火災保険の費用保険金が支払われる場合もあります)

※補償できない場合など、さらに詳細な内容については約款・重要事項説明書等をご確認ください

このページのTOPへ
見積り/申込み 資料ダウンロード
お電話でご相談お電話でのご相談
無料 0120-957-930

9:00〜18:00(年末年始を除く)