業務領域の拡張、顧客データベースを有効活用したい貴社へ

ソニー損保の代理店エントリーサイト

ソニー損保について

ダイレクトの可能性

自動車保険の市場規模が頭打ちになっている一方で、ダイレクト保険会社の収入保険料は年々着実に増加しており、お客様が代理店型からダイレクトへシフトする動きがますます加速しています。その理由としては、事故対応時の満足度の高さや合理的な保険料設定等が挙げられますが、最近では自動車の維持費への関心の高まりを背景に、ダイレクトの保険料の安さがより注目を集めています。とはいえダイレクト保険会社の占める国内シェアはまだ数%。
今後の成長の余地が大いにあるビジネスモデルであると考えています。

※右のグラフ内の売上とは元受正味保険料のことで、保険会社がお客様から受取った保険料をさします。ここでは、2017年度末時点で、自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社9社を対象に、各社が毎年発表する、年間の自動車保険の元受正味保険料の数値を表示しています。(ソニー損保調べ)

主なダイレクト保険会社の自動車保険元受正味保険料(弊社調べ)

※自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社の2017年度までの自動車保険料収入より(弊社調べ)。

ソニーフィナンシャルグループの一員です

ソニーフィナンシャルグループは、ソニー株式会社が65.06%の株式を保有するソニーフィナンシャルホールディングス株式会社と、その傘下のソニー生命保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、ソニー銀行株式会社などから構成される金融サービスグループです。
ソニーフィナンシャルグループでは、生命保険、損害保険、銀行といった異なる金融サービスを提供する各社によるシナジー効果を創出するとともに、ソニーグループ各社とも連携し、お客様のニーズにマッチしたより付加価値の高いサービスを提供できるよう取組みを進めています。(下の体制図は主要子会社のみ)

グループ体制図(主要子会社)(2018年9月30日現在)

  • 代理店エントリーフォームへ進む
  • 求める代理店像

スマートフォン版トップへ