火災保険とは

火災保険に入ることでどんなリスクに備えられるのでしょうか。
火災保険でカバーできる事故とその補償内容について解説します。

火災以外の損害も補償可能

火災保険は、その名の通り、住まいが火災の被害に遭った際の損害を補償する保険です。多くの場合、火災に加えて「落雷」「破裂・爆発」による損害も補償されます。

家が燃える

カセットコンロが爆発する

また、保険の種類によっては、火災の他に風災、雪災、水災、盗難による損害なども補償の対象になります。名前こそ「火災保険」ですが、「住まいの損害に備える保険」という意味合いが強い保険と言えます。

風災のイラスト

盗難のイラスト

補償内容の詳細

建物だけでなく家具なども補償

火災保険は、住まい(建物)と、住まいの中にある家具や日用品など(家財)の損害を補償するための保険です。これらの「建物」や「家財」といった補償の対象になるものを、火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険は、この「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっています。例えば、「建物」だけに保険をかけた場合、火災で家が燃えてしまったときは「建物」の損害分しか保険金を受取れません。

火災保険では、火災で家が燃えてしまったときに保険金をお支払いしますが、補償される事故は「火災」だけではありません。

家具や日用品などの「家財」の損害について補償を受けるためには、「家財」も「保険の対象」に設定して火災保険をお申込みいただく必要があります。

保険料の算出方法

このページのTOPへ
見積り/申込み 資料ダウンロード
お電話でご相談お電話でのご相談
無料 0120-957-930

9:00〜18:00(年末年始を除く)