SONY

環境への取組み

ソニー損保が取組む環境保全活動

環境マネジメントシステム(ISO14001)

ソニー損保を含むソニーグループでは、全世界共通の環境マネジメントシステム(Global Environmental Management System)にて環境活動を行っており、国際規格であるISO14001のグローバル統合認証を取得しています。
ソニー損保では、本社事業所をISO14001の認証対象としており、電力使用量およびコピー用紙使用量の低減目標値を定めた省エネ・省資源活動や、事務用品におけるエコ商品比率を高めるグリーン購入の推進等を行っています。

ISO14001認証書
ISO14001認証書

CO2排出削減への取組み

CO2排出削減策の一環として、2007年度から2013年度はグリーン電力(*1)、2014年度から2017年度はJ-クレジット制度(*2)、2018年度からはグリーン熱証書(*3)を活用しています。2007年度から2020年度の14年間にわたり総計約2,690トンのCO2排出削減に寄与したことになります。

  1. 風力やバイオマス(生物資源)、太陽光などの再生可能エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで購入するものです。
  2. J-クレジット制度はCO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認証する制度で、当社は森林吸収プロジェクトのクレジットを購入しました。
  3. 太陽熱やバイオマスなどの再生可能エネルギーにより作られた熱の環境付加価値を「グリーン熱証書」というかたちで購入するものです。

各種契約手続のペーパーレス化

紙資源の節約、郵送にかかるCO2排出量の削減を目的として、各種契約手続のペーパーレス化を推進しています。各商品において、インターネットによる契約申込を可能とし、自動車保険と火災保険では証券ペーパーレス割引を導入することで、紙の使用量の削減・郵送の省略を実現しています。今後も、さらなるペーパーレス化に取組みます。

社員による環境への取組み

ソニーグループ全体で海洋プラスチック汚染問題に継続的に取組む「One Blue Ocean Project」に参加し、全社でプラスチックゴミの削減に取組んでいます。また、社員およびその家族を参加対象とする「環境学習会」の開催などを通して、社員の環境に対する意識の一層の向上を図っています。

お客様とともに取組む環境保全活動

「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」

自動車保険の「くりこし割引」のしくみを活用したプログラムで、ご契約者が予想より走らなかった距離の総合計100kmにつき1円を、太陽光発電設備(ソーラーパネルなど)の設置等の費用として「N P O法人そらべあ基金(以下、「そらべあ基金」)」(*4)に寄付しています。 そらべあ基金では、ソニー損保からの寄付金を、全国の幼稚園や保育園を対象にした太陽光発電設備の設置などに充当します。ソニー損保のご契約者は、クルマの使い方をほんの少し見直すことで実際の走行距離が契約距離区分の上限を下回れば、「くりこし割引」で翌年の保険料が抑えられるだけでなく、CO2排出量も減り、太陽光発電設備の設置にも貢献することができます。 同プログラムにより、2020年度には3基の太陽光発電設備を幼稚園・保育園に設置しました。寄贈先の幼稚園・保育園での寄贈記念式典の様子などは、「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の活動レポート(https://ecology.sonysonpo.co.jp/report/)で紹介しています。

©Shinzi Katoh/そらべあRRFG

幼稚園にソーラー発電所を☆
プログラム詳細へ

そらべあ発電所寄贈によるCO2削減

当社が2020年までに寄贈した「そらべあ発電所」28基による発電量実績は、2009年から2020年までの12年間で496,908kWh(*5)、CO2削減量は254.29t-CO2/kWhとなり、杉の木約18,100本分のCO2吸収量に相当します(*6)。今後も「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を継続し、1基でも多くの「そらべあ発電所」を幼稚園・保育園に寄贈することで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートに加え、地球温暖化の防止をはじめとした環境保全活動に取組みます。

ソニー損保が寄贈した「そらべあ発電所」発電量実績

今後も同プログラムを継続し、1基でも多くの「そらべあ発電所」を幼稚園・保育園に寄贈することで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートに加え、地球温暖化の防止をはじめとした環境保全活動を続けてまいります。

  1. 「NPO法人そらべあ基金」は、ホッキョクグマの兄弟「そらべあ」をシンボルに、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人です。詳しくは「そらべあ基金」のウェブサイト(https://www.solarbear.jp/)をご参照ください。ソニー損保は、「そらべあ基金」が推進する「そらべあスマイルプロジェクト」のサポーターとして「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を実施しています。
  2. 1基目から28基目までの、2009年から2020年までの累計発電量。環境省が発表している「電気事業者別排出係数(代替値)」に基づいて算出。
  3. 50年生杉1本の1年間のCO2吸収量は14kg(出典:林野庁)として算出。