環境への取り組み

全社的な環境保全活動

ISO14001

ソニー損保を含むソニーグループでは、全世界共通の環境マネジメントシステム(Global Environmental Management System)にて環境活動を行っており、国際規格であるISO14001のグローバル統合認証を取得しています。
ソニー損保では、本社事業所をISO14001の認証対象としており、電力使用量およびコピー用紙使用量の低減目標値を定めた省エネ・省資源活動や、事務用品におけるエコ商品比率を高めるグリーン購入の推進等を行っています。

ISO14001認証書
ISO14001認証書

J-クレジット制度の活用

CO2排出削減策の一環として、2007年度から2013年度にかけてグリーン電力(*1)を購入し、2014年度からは、グリーン電力に代わりJ-クレジット制度(*2)を活用しています。
2007年度から2016年度までの10年間にわたるグリーン電力証書システムおよびJ-クレジット制度の活用により、総計約587トンのCO2排出削減に寄与したことになります。

今後も継続的にJ-クレジット制度を活用していく計画で、「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実施とあわせて、自然エネルギーの普及に貢献してまいります。

*1 風力やバイオマス(生物資源)、太陽光などの地球温暖化防止、CO2の排出削減に有効な自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで購入するものです。

*2 J-クレジット制度はCO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認証する制度で、当社は森林吸収プロジェクトのクレジットを購入しています。

J-クレジット証書
J-クレジット証書

環境に配慮した印刷物づくり

ソニー損保では、パンフレットなどの印刷物において、環境に配慮したインキ(植物油インキやノンVOCインキ)の使用を推進するとともに、用紙についても可能な限り、適切に管理された森林の木材を使用した紙(FSC森林認証紙)を使用しています。また、必要以上の印刷をしないように努めています。

保険商品における環境保全活動

お客様の各種契約手続のペーパーレス化

紙資源の節約、郵送にかかるCO2排出量の削減を目的として、各種契約手続のペーパーレス化を推進しています。
現在、自動車保険・医療保険において、インターネットによる契約申込を可能とし、紙の申込書などの作成・郵送を省略しています。

2012年度には、保険始期日が2012年11月1日以降の自動車保険のご契約を対象に、ウェブサイトからご契約いただく際に保険証券等の発行・郵送の省略を希望された場合、自動車保険料から500円を割引く証券ペーパーレス割引を導入し、環境保全の取組みを進めました。

なお、お客様がウェブサイトで見積り・お申込みいただくと、以下のCO2削減効果が期待できます。

申込書等の作成・郵送によって発生するCO2量の試算条件(2016年度)

新規のお客様

申込書1通の作成で発生するCO2の量:0.132kg
申込書1通の郵送で発生するCO2の量:0.097kg
証券1通の作成で発生するCO2の量:0.115kg

継続のお客様

申込書1通の郵送で発生するCO2の量:0.097kg
継続証1通の作成で発生するCO2の量:0.115kg
※ 総務省/地球温暖化問題への対応に向けたICT政策に関する研究会報告書 表2.2 によるCO2原単位にて試算しています。

(ご参考)申込書の作成・郵送量削減によるCO2削減量(kg)

「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」

ソニー損保は、お客様のカーライフをサポートする自動車保険を主力商品としています。
だからこそ、少しでも地球温暖化の防止につながる活動を推進していくことが社会的責任であると考えています。
ソニー損保では「そらべあ基金」に寄付を行い、全国の幼稚園・保育園に太陽光発電設備の設置などをしていきます。

cShinzi Katoh/そらべあRRFG

幼稚園にソーラー発電所を☆
プログラム詳細へ