文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

fr05040

ソニー損保の主な取扱商品 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報ソニー損保の主な取扱商品

ソニー損保の主な取扱商品

自動車保険

 
1999年秋の開業当初から、充実した補償を納得感のある保険料で提供するリスク細分型の自動車保険を販売しています。

 
「人」を中心に考えたリスク細分
 
 
お客様の車との付き合い方に着目したリスク細分項目を採用しています。
リスク細分項目:車の使用目的、年間走行距離、年齢、車の型式、
免許証の色、車の初度登録後の年数
 
納得感のある保険料
 
 
「人」を中心に考えたリスク細分や、ダイレクト販売による業務の集中化・効率化によるコスト削減を図ることで、お客様に納得していただける保険料を実現しています。
 
高品質な補償
 
 
保険の価値は事故時の「補償」にあります。
ソニー損保ではお客様に万一の時でも安心していただけるよう、補償を充実させています。

▲ページトップへ



入院実費型の医療保険ZiPPi<ジッピ>

 

実際にかかった入院治療費の自己負担分に応じて保険金を支払う実費保障タイプの定期型医療保険「入院実費型の医療保険ZiPPi<ジッピ>」を、2017年1月10日から販売しています。

 
実際にかかった入院治療費の全額を保障(※)
 
 
ZiPPi<ジッピ>は入院治療費の自己負担額(3割分)が全額保障される実費保障タイプのため、定額保障タイプの医療保険のように入院1日あたりの必要保障額などの検討が不要です。
(※)公的医療保険制度における保険給付の対象となった入院中の療養にかかる診療報酬点数×3円をお支払いします。(1ヵ月につき20万円まで) 食事療養費、差額ベッド代など公的医療保険制度の保険給付の対象とならない費用は含みません。また、支払限度額は、1入院につき120万円、保険期間を通じ720万円となります。
 
「基本保障」に、「オプションの保障」を選択して追加することが可能
 
 
ニーズに合わせて保障を手厚くすることができます。
[基本保障]公的医療保険の対象となる病気・ケガの入院治療費のうちの自己負担分(3割)を保障
[オプションの保障]「先進医療」「入院時差額ベッド代」「入院時諸費用」の3種の保障
 
5年間の定期型
 
 
将来のライフスタイルの変化に応じた保障の見直しが容易です。
特に若い世代にとっては、終身型に比べて保険料が手頃なため、保険料の負担を抑えつつ、「今必要な保障」を手厚くすることができます。
 
インターネット専用の商品
 
 
保障設計から見積り・申込みまでインターネットで完結することができるため、手続きが簡便です。また、 郵送費や事務コストの削減により、手頃な保険料を実現しました。
▲ページトップへ



ガン重点型の医療保険SURE<シュア>

 

一生涯にわたって病気・ケガによる入院や手術を保障する、定額保障タイプの終身型医療保険「ガン重点型の医療保険SURE<シュア>」を、2002年6月から販売しています。

 
手厚いガンの保障
 
 
治療費が高額で、治療期間も長くなる場合が多いガンの保障を手厚くしています。
ガンで入院した場合は、入院保険金日額をガン以外の病気・ケガの場合の倍額にするほか、支払日数を無制限にしました。
がん保障をさらに充実させるために、オプションとして追加できる、がんと診断されたら一時金として100万円を保障する特約や、退院後のがんの通院も1日につき10,000円を保障する特約もご用意しています。
 
保険期間は終身
 
 
年齢が上がっても保険料は上がることなく、ご契約当初の保障が生涯にわたって続く、安心の終身タイプです。
(※)すでに10年更新型をご契約いただいている場合は、10年ごとの更新が可能です。
 
ニーズにあわせて選べるタイプ&プラン
 
 
シンプルな保障で保険料も手頃な「SUREベーシック」、幅広く手厚い保障の「SUREワイド」の2つのパッケージプランがあります。いずれのタイプも病気(ガン以外)・ケガの入院日額が「5,000円プラン」と「10,000円プラン」のいずれかから選ぶことができます。
また、お客様がニーズに合わせて保障を取捨選択できるよう、インターネットでのお申込みの場合について、「自由設計プラン」を用意しています。なお、インターネット申込みでは、「自由設計プラン」のほか「SUREベーシック」「SUREワイド」のパッケージプランを選択することも可能です。
(※)「自由設計プラン」の選択は、インターネットでお申込みいただく場合のみ、選択可能です。申込書の郵送でお申込みいただく場合は、パッケージプラン(「SUREベーシック」もしくは「SUREワイド」)からご選択いただきます。
 
将来のリスクへの備えを充実させることも可能
 
 
60歳以降について、定年などによる収入減への備えとして、月々の保険料を半額にするプランを選ぶことも可能です。
(※)60歳以降の保険料を半額にするプランの販売は保険始期日時点で満57歳までの方が対象となります。
60歳以降とは保障を受けられる方(被保険者)が満60歳の誕生日を迎えてから、最初に到来する保険始期日応当日以降を指します。
 
入院保険金は日帰り入院から
 
 
すべてのタイプ・プランで、入院保険金は「日帰り入院から」お支払いします。
 
金銭面の負担を軽減し、安心して治療や手術を受けられる特約
 
 
お客様の金銭面での負担軽減を目指して、次の特約を用意しています。

「骨髄ドナーサポート特約」(自動でセット)
骨髄ドナーとして、骨髄幹細胞採取手術を受けられた場合、手術保険金、入院保険金をお支払いします。

「先進医療費保障特約」
厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けられた場合、通算2,000万円を上限として、技術料と同額を先進医療保険金としてお支払いします。

「がん放射線治療保険金」(自動でセット)
がんと診断確定され、そのがんの治療を直接の目的とする放射線治療(※)を受けられた場合に、がん放射線治療保険金として1回の施術につき20万円をお支払いします。
(※)放射線治療とは公的医療保険制度における医科診療報酬点数表により放射線治療料の算定される施術(血液照射は除きます)をいいます。
▲ページトップへ