文字サイズを変更する
  • 小
  • 中
  • 大

会社情報

fr05030

商品・サービスの取組み 合理的な保険料の自動車保険ならソニー損保

ソニー損保トップ会社情報商品・サービスの取組み(2012年度)

商品・サービスの取組み

2012年度

 
2012年7月23日
ウェブサイトのリニューアル
 
 
わかりやすさ・利用しやすさの向上を目的に、公式ウェブサイトを全面的にリニューアルしました。
リニューアルにあたり、お客様からいただいた声を参考にするとともに、ユーザビリティ調査結果や閲覧状況・画面遷移などのアクセスログ分析結果から課題を確認し、以下の取組みを行いました。
 
 
自動車保険の見積りに必要な質問項目を最小限に絞込んだほか、その場で答えられない項目は「わからない」を選択して概算見積をご確認いただけるようにするなど、見積りがより早く簡単にできるよう工夫。
 
二重否定や過度に細かい注記などを極力無くし、補償内容の説明を簡潔に変更。
 
補償内容をイメージしていただきやすいよう、図やイラストを多用。
 
目的のページ、必要な情報に簡単にアクセスできるよう、インターフェースを変更。
 
自動車保険選びに必要な補償内容に関する情報や、保険料節約のアドバイス、ロードサービス各社比較などの参考情報を、さらに充実。
 
ご契約者向けの各種サービスをまとめた「ご契約者ページ(マイページ)」を新設。
 
 
2012年7月23日
スマートフォン専用ページの新設
 
 
スマートフォンでも快適に情報収集や各種手続が行えるよう、可読性や操作性にこだわってスマートフォン専用ページを制作しました。
 
2012年7月27日
国内損保初で、スマートフォン向け無料アプリ「ドライバーズナビ」にドライブレコーダー機能追加
 
 
ドライバーの安全運転意識向上をサポートする目的で提供を開始したアプリ「ドライバーズナビ」の安全運転診断機能に、「ドライブレコーダー」を追加しました。安全運転診断時に、急ブレーキや急ハンドルなどの危険挙動があったとき、その前後の車両前方の映像を録画・保存することができます。
スマートフォン向け無料アプリでドライブレコーダー機能を提供するのは、国内の損害保険会社ではソニー損保が初めてです。
 
2012年9月24日
「お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」のリニューアル
 
 
ウェブサイト上でのお客様とのコミュニケーションや、「お客様の声」に対する姿勢の公開を目的とする「お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」をリニューアルしました。「お客様の声」への取組みについて紹介するコンテンツや、保険を検討するとき、補償やサービスを確認したいときなどに参考にしていただくためのコンテンツを新たに追加しました。「お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト」から情報発信をしていくことで、お客様により一層安心してソニー損保の商品やサービスをご利用していただきたいと考えています。
 
(お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト内の主なコンテンツ)
 
コエキク改善レポート
 
コエキク質問箱
 
コエキク増刊号
 
みんなの満足度
 
保険なるほど知恵袋
 
2012年10月1日
事故受付後の専任担当者からのご連絡をお約束する時間を、従来の3時間以内から1時間以内へと短縮
 
 
お客様の事故後の不安を一刻でも早く解消できるよう、事故受付後に専任担当者からお客様にご連絡するまでのお約束のお時間を、従来の「3時間以内」から「1時間以内」へと短縮しました。
 
2012年10月11日
「今どこレーダー」「今ここGPS」をスマートフォン向け無料アプリ「トラブルナビ」に追加
 
 
ドライバーの方の万一の車の事故や故障などのトラブル時の対応をナビゲートするスマートフォン向け無料アプリ「トラブルナビ」に、スマートフォンのGPS機能を利用してアプリから直接ロードサービスを呼び出せる機能「今ここGPS」、出動したロードサービススタッフの接近状況を確認することができる機能「今どこレーダー」(国内損保初の機能)を追加しました。
 
2012年11月1日
自動車保険の商品改定
 
 
2012年11月1日以降が保険始期日となるご契約を対象に、以下の改定を実施しました。
 
 
 
1.証券ペーパーレス割引の新設
  ウェブサイトから自動車保険をご契約いただく際に、保険証券等の発行・郵送の省略を希望された場合、保険料から500円を割引く証券ペーパーレス割引を新設しました。
 
 
 
2.各種割引・特約の新設
  お客様よりご要望の声が多く寄せられていた、当社で複数台のご契約をいただく場合の割引(新規申込割引・継続時複数契約割引)、および新車買換補償特約、事故時レンタカー費用補償特約を新設しました。
 
 
 
3.各種割引・特約の新設
  補償のわかりやすさ向上の観点から、 傷害補償の内容について以下の通り改定しました。
 
人身傷害補償保険を「傷害補償の中心」に位置づけました。
 
搭乗者傷害保険を「人身傷害保険の上乗せ補償」として位置づけました。
 
商品構成をよりシンプルにするために、付随的な補償の統廃合を行いました。
 
2013年3月5日
ガン重点医療保険SURE〈シュア〉の商品改定
 
 
ガン重点医療保険SURE〈シュア〉について、2013年6月1日以降が保険始期日となるご契約を対象に、以下の改定を実施しました。
 
  先進医療費保障特約(通称:先進医療保険金)の補償拡大
  お客様の病気やケガの治療における金銭面での負担の一層の軽減を目指し、先進医療費保障特約の保険期間中の通算支払限度額を、従来の1,000万円から2,000万円に引上げました。
なお、保険始期日が2013年5月31日以前のご契約に付帯された同特約についても、2013年6月1日以降に保険金のお支払いの対象となる先進医療による療養を受けられた場合の通算支払限度額を2,000万円に引上げました。
 


▲ページトップへ